2016/11/27

マンハイムでのコンサート

久しぶりにドイツへ!
マンハイム国立歌劇場の企画で、深夜の小さなコンサートに出演してきました。

今回は、古楽の大先輩方との共演ということで、ワクワクが半分、不安が半分という複雑な気持ちで向かいましたが、リハーサルが始まったら楽しくて楽しくて!
たくさんのアイデアをいただいて、新しい世界の扉を開いてもらえたような、そんな充実の滞在となりました。

古楽の復興の時代に挑戦を続けて、切り開いてきた方と一緒に演奏できるなんて夢のようで、どの話も興味深く刺激的でした!

本当に幸せだった〜〜!


C.P.E.バッハ アンサンブル マンハイム 
トラヴェルソ: 小川隆、野崎真弥
チェロ: サイトウチヒロ
ピアノ: Guy Van Waas 

曲目
C.P.E.バッハ : トリオ・ソナタ ホ長調 Wq.84
C.シャフラート : トリオ・ソナタ ニ短調

2016/11/14

Ayame Ensemble Baroque

ご無沙汰しております。
前回の更新から色々な事がありました。
一番大きな出来事は、念願のサンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路を歩いたことですが、そのお話はまた今度。

今日はAyameの活動報告です。
9月の終わりには、ブリュッセル王立音楽院の入学式で演奏しました。
自分たちが学んだ学校の入学式で演奏できるのはとても光栄で、嬉しいことでした。
が、客席が全員ミュージシャンであり先生方であるという恐ろしい舞台でもありました笑。



今月6日と8日には、ブリュッセルで、ルクレールのRecreationをメインにしたフレンチのプログラムのコンサートもありました。これまではカルテットだけを演奏してきたグループですが、今回はトリオやデュオなど、新しいものに挑戦しました。
毎回お客様に恵まれ、温かい雰囲気の中で演奏できることがとても嬉しくて、その喜びをかみしめているところです。
リハーサル風景
控え室にて笑


来月はいよいよプロモーション用の録音をする予定なので、出来上がったらたくさんの人に聴いていただけたら嬉しいです。