about me

野崎真弥
武蔵野音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業。
卒業後はモダンフルート、リコーダー奏者として活動し多数の演奏会に出演する傍ら、音楽教室や小中高等学校、吹奏楽講習会などの講師をつとめる。NHK指導者用ビデオやドラマ「のだめカンタービレ」等に出演。また、多数のレコーディングに参加。大阪国際音楽コンクール木管楽器部門入選。
2011年よりバロックフルート(トラヴェルソ)を学び始め、翌年ブリュッセル王立音楽院古楽科に入学。オーケストラプロジェクトにてソリストに抜擢され、ルクレールのフルート協奏曲、クヴァンツの2本のフルートのための協奏曲を音楽院のオーケストラと共演。第28回国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門第3位。2016年にはバッハ・コレギウム・ジャパンのヨーロッパツアーにて6カ国11公演に参加。同年、同音楽院の修士課程を優秀な成績で修了。フルートデュオを結成し,ルネサンスからクラシカルまでのフルートを使ったレクチャーコンサートを定期的に開催している。また、イタリアのカゼルタにて「ルネサンスとバロックの音楽祭」出演、ドイツの古楽アンサンブル「ムジカ アルタ リパ」のプロジェクトに参加、ブリュッセルの修道院でリコーダー講師をつとめるなど、ヨーロッパ各地で活動中。

これまでにモダンフルートを中嶋伸夫、神田寛明、野口巳生の各氏に師事し、国内アカデミーでは工藤重典、マクサンス・ラリュー、フィリップ・ピエルロのクラスを修了。リコーダーを吉沢実氏に、バロックフルートをバルトルド・クイケン、フランク・トインス、前田りり子、アンネ・プストラウクの各氏に師事。またルネサンスフルートではケイト・クラーク氏のマスタークラスを、スペインでのアーリーミュージックモレリャにてアン・スミス氏のクラスを受講。
→more


Maya Nozaki studied music pedagogy, modern flute and recorder at the Musashino Academia Musicae in Japan, and obtained her bachelor's degree. She won the Osaka International Music Competition. In 2011 she started studying the baroque flute with Liliko Maeda. A year later she entered Koninklijk Conservatorium Brussel to study with Barthold Kuijken and Frank Theuns. She was chosen as soloist for the orchestra project of the conservatory, and performed flute Concerto.
In 2015 she won the third prize at the Yamanashi International Competition for Early Music. 
She participated the europe tour with Bach Collegium Japan. In 2016 she received her Master diploma with distinction.